プロフィール

川口 宏之

公認会計士
早稲田大学会計大学院 非常勤講師

川口宏之のプロフィールシートはこちら(PDFファイル)

【略歴】

1975年栃木県生まれ。東京都在住。
2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。
2006年、国内大手金融グループ系証券会社にて、主に新規上場における引受審査業務に従事。
2008年、これまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。バックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。
現在は、独立系の会計コンサルティングファームのジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社にて、IFRS導入コンサルティング業務や決算支援業務、各種研修・セミナーの講師等を担当する。

「監査法人」「証券会社」「ベンチャー企業」「会計コンサル」という、4つの視点で「会計」に携わった経験を持つ、数少ない公認会計士。
これらの経験をもとに、「会計」という一見とっつきにくいテーマを、図解で分かりやすく説明することに定評がある。これまでの受講者アンケートでは、5段階評価で平均4.8という高い満足度誇る。

【資格・肩書】

・公認会計士

・早稲田大学会計大学院 非常勤講師

・日本商工会議所簿記検定 1級

・証券外務員資格試験一種

・内部管理責任者

【書籍】

【連載】

『図解で分かる「決算書」の仕組み』(夕刊フジにて2013年より連載中)

『新人経理マン・金児浩平の注釈書』(週刊税務通信にて2016年より連載中)