書籍

川口宏之が執筆した書籍、新聞・雑誌への連載はこちらです。

『ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術』 かんき出版 2013年

一般に「会計」とか「決算書」というと、むずかしくて取り組みにくいと思われているが、 そうした固定観念や先入観を一挙に吹き飛ばす技術を紹介! それはズバリ、「ビジュアルで理解する」ことである。

数値情報だけではうんざりしてしまう決算書も、 図に置き換えれば直感的に理解できるようになる。 図解のレベルを3段階に分けることで、読者は自分の理解度に応じた読み方ができる。 さらに、決算書と会社のビジネスを結び付けて理解することができる画期的な手法を公開。 この方法でこれまでに多くのセミナーを実施し、 参加者から極めて高い評価を得てきた実証済み書き下ろし。

『決算書を使う技術』 かんき出版  2014年

本書はビジネスパーソン、また株式投資をする人が、ワンランク上をめざすために、決算書の使い方を説明したものです。

決算書とは言わば、そのような人たち にとって、戦場で戦うための”武器”と言えます。 武器を携えて戦いに臨むのと、武器を持たずに丸腰で戦いに臨むのとでは、当然、結果は火を見るより明らか です。 ロングセラーとなっている前著『ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術』に続く本書は、 決算書の読み方を知ると同時に、さらに【使いこなす】ための技術が簡単に身につく本です。 そのために有名な特徴のある31社を事例に、図解でわかりやすく解説しました。

『いちばんやさしい会計の教本』 インプレス 2018年

「会計」とは、一言でいえば会社のお金の動きをまとめるためのルールです。本書では、一般のビジネスパーソンが知っておくべき会計の知識を、実際の企業の数字を見ながら身につけていきます。本書で得られるご利益は次の通りです。

・決算書(財務3表)を読み解く力が身につく ・経営戦略が理解できる ・経営指標の読み方がわかる ・企業の経営実態がわかる ・取引先の分析ができる ・数字を根拠にした課題解決につながる 本書では、財務3表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)をわかりやすい図にして、まず全体像をつかみます。それからさまざまな経営指標やお金の動きの分析のしかたまで解説。本書1冊で、会計の基本から会計知識の活用方法までが「スキル」として身につきます。

『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください!』ダイヤモンド社 2020年

経営と会計のカンドコロが一気にわかる! 「そうだったのか! 」が止まらない!

電通vs博報堂 ヤマト運輸vs佐川急便 アップルvsアマゾンetc. 24社の財務諸表を徹底分析! 本書は、誰もが知っている有名企業の決算書を 対比させることで、「仕事に効く会計知識」と 「経営分析の基本」を一気に学ぶものです。 会計を会計だけで学ぶのではなく、 ビジネスとのつながりを意識する。 すると、見える世界が変わります。

『基本がわかる実践できる 決算書の読み方・活かし方』日本能率協会マネジメントセンター 2020年

本書は「決算書」の読み方を丁寧に解説し、実務でどのように活用していくかの具体的事例を挙げた、会計スキルの初歩が学べる本です。 『基本編』と『実務編』の2部構成となっており、『基本編』では、会計の知識がない方にも理解しやすく、「決算書(財務3表)」が簡単に読めるようになるポイントを中心に、丁寧に解説しました。 それに続く『実践編』では、様々な部門での業務における「決算書」の上手な使い方を解説するとともに、決算書が活用されたケースをモデルにしたショートストーリーを収録し、具体的なイメージがつかめるようにしています。 この他にも、「決算書」や会計を学び始めた人がつまずきやすい注意点や、「決算書」を読んで使うための会計スキルやセンスを維持・向上させていく助言、そもそも「決算書」はどこで手に入れられるのかまでを盛り込んだ、「決算書」の基本がわかって実践できる1冊となっております。 単なる「知識コレクター」ではなく、実際に決算書を仕事で活かせるビジネスパーソンを目指しましょう!

【連載】

図解で分かる『決算書』の仕組み』(夕刊フジ・2013年~2018年)

『新人経理マン・金児浩平の注釈書』(週刊税務通信・2016年~現在連載中)

ニュースな会社「会計のウラ側」』(プレジデントオンライン・2019年~現在連載中)

 

川口宏之への執筆・取材のご依頼・お問い合わせは以下からどうぞ。