『週刊プレイボーイ』デビューしました!

2020年3月2日号の『週刊プレイボーイ』にて、

見開き2ページにわたり、インタビュー記事が掲載されました。

 

内容は、

『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください!』

に関する執筆の背景や、執筆の裏話など、

赤裸々に語っています。

 

Web版の週プレNEWS」に全文が掲載されておりますので、

ぜひお読みください!

https://wpb.shueisha.co.jp/news/economy/2020/02/25/110765/

 

 

2020-02-28 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

インボイス事前準備対策講座@北名古屋市

2020年2月20日、北名古屋市商工会青年部様主催の、

「インボイス事前準備対策講座」に登壇しました。

 

夜の時間帯にもかかわらず、

たくさんの事業主の方にお集まりいただきました。

 

2023年10月からスタートするインボイス制度は、

「まだまだ先の話」と思われるかもしれませんが、

非常にインパクトが大きい制度変更になるので、

今のうちから準備が必要です。

 

特に、

零細企業や個人事業主にとっては大きな打撃を受けることになり、

多くの倒産・廃業が起こり得ます。

 

また、中小企業・大企業であっても、

小規模企業と取引しているのであれば、

相応の対応を迫られると思います。

 

であるにもかかわらず、

世間にあまり認知されてないのが、

このインボイス制度の怖いところです。

 

プログラムは以下の通り。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

1.消費税制度の仕組み
(1)全体像
(2)簡易課税制度の仕組み
(3)事業者免税点制度の仕組み
(4)仕入税額控除とは?

2.軽減税率制度の確認   
  (1)全体スケジュール   
  (2)対象品目
(3)請求書等

3.請求書等保存方式の違い
(1)そもそも請求書等保存方式とは?
(2)2019年9月末までの請求書
(3)区分記載請求書等保存方式の内容と具体例
(4)適格請求書等保存方式の内容と具体例

4.インボイス制度の留意事項
  (1)適格請求書発行事業者の登録制度
  (2)インボイス制度開始後に起こりうること
  (3)課税事業者と免税事業者の対比
  (4)ケーススタディで対応策を考える
  (5)免税事業者の対応策
  (6)免税事業者が損をしない方法
  (7)簡易シミュレーションをやってみよう
  (8)インボイス導入までのスケジュール
 
5.参考資料
(1)消費税が課税される4つの要件
(2)非課税取引の13類型
(3)みなし仕入率の6種別

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

インボイス制度の実態を

多くの事業主の方に周知していかなければならないと

改めて実感した次第です。

 

 

全国どこでもお伺いして講演いたしますので、

全国各地の商工会議所様、商工会様、各種団体様、

ぜひこちらまで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

2020-02-20 | カテゴリー : 講演記録 | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

基礎から学ぶ「ROE」の構造、分析・活用方法

2020年2月7日、プロネクサス様の主催のセミナーで、

『基礎から学ぶ「ROE」の構造、分析・活用方法』というテーマで

登壇させていただきました。

 

一般的なビジネス用語となりつつある「ROE」ですが、

その本質を理解している方は少ないようです。

いま何故「ROE」なのか?「ROE」とは一体何なのか?その分析方法は?

そんな、いまさら聞けない「ROE」にまつわることを、

様々な企業事例を使って解説させていただきました。

 

セミナープログラムは以下の通り。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1.ROEを取り巻く社会的背景
(1)「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」(伊藤レポート)
(2)日本版スチュワードシップ・コード
(3)コーポレートガバナンス・コード
(4)議決権行使助言会社
(5)JPX日経インデックス400
(6)日本と米国のROE比較とその要因

2.ROEの基本構造を図解でマスター
(1)貸借対照表(B/S)の基本構造
(2)損益計算書(P/L)の基本構造
(3)図を使ったROEの簡単理解
(4)ROEの分解による要因分析
(5)ROEが株価に与える影響
(6)<ケーススタディ>ROE分析

3.具体的なROE向上施策と留意点
(1)分母対策
(2)分子対策
(3)ROE経営の留意点

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

知識ゼロから分かる 財務諸表の読み方 (基礎編・実践編)

2020年2月6日、SMBCコンサルティング様主催のセミナーで、

登壇させていただきました。

 

テーマは「知識ゼロから分かる 財務諸表の読み方」

 

午前が「基礎編」

午後が「実践編」

という、2部構成のセミナーでした。

 

セミナープログラムは以下の通りです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「基礎編」

1.財務会計の基礎知識
1)財務諸表とは?
2)財務諸表の必要性と重要性
3)財務諸表の役割
4)財務諸表のアウトライン

2.貸借対照表(B/S)
1)貸借対照表をボックス図に置き換えてみよう
2)貸借対照表の3つのカテゴリーの性質を理解する
3)危険な会社の見分け方
4)有名企業の貸借対照表を使った演習

3.損益計算書(P/L)
1)損益計算書を階段図に置き換えてみよう
2)5種類の利益の性質を理解する
3)稼ぐ力がある会社の見分け方
4)有名企業の損益計算書を使った演習

4.キャッシュ・フロー計算書(C/F)
1)キャッシュ・フロー計算書をウォーターフォール図に置き換えてみよう
2)3種類のキャッシュフローの性質を理解する
3)キャッシュの増減だけで会社の状況を把握する方法
4)有名企業のキャッシュ・フロー計算書を使った演習

 

「実践編」

1.財務諸表の相互のつながり
1)貸借対照表と損益計算書の関係
2)貸借対照表とキャッシュ・フロー計算書の関係

2.財務諸表の種類
1)連結財務諸表と個別財務諸表

3.経営指標を見る際の留意点
1)自己資本比率の留意点
2)流動比率の留意点
3)営業利益率の留意点

4.財務諸表を相互に組み合わせた経営指標
1)総資産回転率
2)総資産利益率(ROA)
3)自己資本利益率(ROE)

5.回転期間分析
1)売上債権回転期間
2)棚卸資産回転期間
3)仕入債務回転期間

6.財務諸表の入手方法と特徴
1)上場企業のケース
2)非上場企業のケース

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

サブスクリプションビジネスにおける利益管理のポイント

2020年2月4日、オービック様主催のセミナーにて、

『サブスクリプションビジネスにおける利益管理のポイント』というテーマで、

講演させていただきました。

 

なんと、約140名もの方々に、ご参加いただきました。

 

やはり、昨今、様々な企業が、

サブスクリプション型ビジネスの導入を検討していますので、

多くの方にとって関心が高いテーマなんでしょうね。

 

たしかに、時代の潮流としては、

サブスクリプション型ビジネスが、

業績向上の起爆剤となる可能性を秘めています。

 

ところが、

サブスクリプション型ビジネスには、

通常の「売り切り型ビジネス」とは異なる、

重要な落とし穴があります。

 

流行っているからといって、

安易なサブスクリプション型ビジネスへの移行は危険です。

 

そこで、

サブスクリプション型ビジネスの

メリット・デメリットを把握し、

どのような形で導入すればいいのかという

ビジネスモデルの設計や、

導入後の利益管理の方法やKPIの設定方法について、

具体的にお話しさせていただきました。

 

 

 

軽減税率緊急対策講座@古河市

2020年1月23日、古河市商工会様の主催で、

『軽減税率緊急対策講座』に登壇させていただきました。

 

本セミナーでは、

・消費税制度の仕組み
・複数税率への対応
・請求書等保存方式の種類
・インボイス制度
・消費税申告・納付の留意事項

などについてお話しさせていただきました。

 

2020-01-23 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

財務諸表の読み解き方

2020年1月21日、埼玉県経営者協会様の主催で、

『財務諸表の読み解き方』というテーマで

セミナーさせていただきました。

 

会場がほぼ満員になるくらい、

大勢の方にお集まりいただき、

財務諸表を読み解くときのコツやポイントを、

図解や事例を通して

分かりやすくお伝えさせて頂きました。

 

 

「会計はビジネスの共通言語」と言われますが、

正しく使いこなせていない方や、

イメージ先行で敬遠している方が、

まだまだ多く見受けられます。

 

そのため、このような初心者向けセミナーは、

今後もどんどん行っていきたいと思っています。

 

各種経営者団体の方や、セミナー・勉強会を主催する方々、

ぜひお気軽にこちらまでお問い合わせください。

 

 

 

 

発売即、重版出来!!

おかげさまで、私の新刊、

『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください!』(ダイヤモンド社)が、

発売からわずか4日で、重版が決定しました!!!

 

買っていただいた読者の皆様、

売っていただいた書店員の皆様、

共に汗を流して本書を作っていただいた出版社及び関係者の皆様、

本当にありがとうございます!!!

 

正直、こんなに早いタイミングで重版になるとは、

夢にも思っていませんでした。

 

いまや、数あるビジネス書の中で、

重版される本は、わずか1~2割程度といいます。

 

ということは、

少なくとも上位10~20%の仲間入りを果たしたと言えます。

(重版のスピードから言ったらもっと上かも??)

 

書店等で着実に売れている本じゃないと、

出版社は重版のGOサインを出しません。

 

そりゃそうですよね。

売れない本を増刷しても、滞留在庫になってしまいますから。

 

そんな中、早々に重版が決まったのは、

この本が書店で着実に売れているからだと思います。

(意外に思われるかもしれませんが、著者本人は自分の本の売れ行きを知る術は、ほぼありません)

 

では、大して知名度もない私の本が売れているのはなぜでしょうか?

もちろん、出版社や書店の方々の努力もあると思いますが、

本書の内容をご評価いただけているから、だと思います(エッヘン!)。

 

夏休みを返上して、執筆に全精力を注いだ甲斐がありました!

本当に、本当に、ありがとうございます!著者冥利につきます。

 

なお、本書の解説動画をYoutubeにアップしていますので、

ご購入がまだの方は、こちらの動画を参考にしてみて下さい。

全部で5つの章の解説動画をアップしています。

 

第1章 ヤマト運輸 vs 佐川急便

 

第2章 電通 vs 博報堂

 

第3章 フジテレビ vs 日本テレビ

 

第10章 キーエンス vs M&Aキャピタルパートナーズ

 

第12章 メルカリ vs Sansan

 

2020-01-20 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

IR担当者のための経営指標活用実践講座

2020年1月15日、プロネクサス様の主催のセミナー

『IR担当者のための経営指標活用実践講座』で

登壇させていただきました。

 

企業は様々な経営指標を掲げ、

投資家はその経営指標をもとに企業の成長を期待し、

達成状況を評価します。

すなわち、経営指標は「企業と投資家とを結ぶ重要なツール」です。

したがって、IR担当者としては、自社が掲げている経営指標の意味を理解し、

分かりやすく説明することが求められます。

また、今後採用すべき経営指標として何が適切かも吟味する役割を担っています。

そんなIR担当者の方々のために、

ROE、ROIC、FCF、CCCなどの

主要な経営指標を図解で分かりやすくお伝えするとともに、

その活用方法や留意点などもあわせて解説させていただきました。

 

セミナープログラムは以下の通り。

~~~~~~~~~~~~~~~~

1.経営指標の重要性

2.経営指標の活用事例

3. 経営指標の解説
(1)主要な経営指標の変遷
(2)儲けの額を表す経営指標
(3)収益性を表す経営指標
(4)効率性を表す経営指標
(5)キャッシュを重視した経営指標

4. 経営指標活用の際の留意点

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

新刊が完成しました!『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください』

 

みなさん、こんにちは!

ついに私の4冊目の新刊が完成しました!

 

タイトルは、

『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください』

で、ダイヤモンド社からの出版となります。

 

前著から約1年ぶりの新刊となります。

 

電通vs博報堂
ヤマト運輸vs佐川急便
アップルvsアマゾンetc.

24社の財務諸表を徹底分析した本です。

誰もが知っている有名企業の決算書を対比させることで、

「仕事に効く会計知識」と「経営分析の基本」を一気に学ぶものです。

 

会計を会計だけで学ぶのではなく、
ビジネスとのつながりを意識する。
すると、見える世界が変わります。

 

実在する企業こそが、「生きた教科書」として抜群に役に立ちます。

無味乾燥な会計理論や財務の公式だけを覚えようと思っても、

右から左へ流れて行ってしまうもの。

そのため本書では、誰もが知っている有名企業の財務諸表を比較する形式をとりました。

会計は会計、ビジネスはビジネスと分けて考えるのではなく、

会計とビジネスのつながりを意識することが、

実務で役立つ会計知識となります。

そのため本書でも、単なる財務分析に終始するのではなく、

「業種の特殊性」や「ビジネスモデルに照らした場合の合理性」

など、よりビジネスの実態に即して分析しています。

 

「このビジネスモデルの効果が、財務諸表のこの数値に表れているんだな」

「財務諸表のこの数値が低いから、こういう経営戦略に舵を切ったのか」など、

ビジネスの実態をイメージしながら読み進めてください。

■本書の構成

序章 「財務3表の基本」と「12の儲け」

第1章 儲かっているのはどっち?~ 営業利益率~
ヤマト運輸 VS 佐川急便

第2章 売上が大きいのはどっち? ~売上~
電通vs博報堂

第3章 本業で儲かっているのはどっち?~ セグメント利益~
フジテレビvs日本テレビ

第4章 堅実なのはどっち? ~自己資本比率~
NTTドコモvsソフトバンク

第5章 在庫リスクが高いのはどっち? ~棚卸資産回転期間~
大和ハウスvs積水ハウス

第6章 M&Aに積極的なのはどっち?~ のれん~
アサヒvsキリン

第7章 総合力が高いのはどっち? ~当期純利益率~
JAL vs ANA

第8章 効率的なのはどっち?~ 総資産回転率~
吉野家 vs ペッパーフードサービス

第9章 株主にとって魅力的なのはどっち? ~ROE~
村田製作所 vs TDK

第10章 社員の貢献度が高いのはどっち?~ 1人当たり売上高~
キーエンス vs M&Aキャピタルパートナーズ

第11章 キャッシュを持っているのはどっち? ~フリー・キャッシュ・フロー~
アップル vs アマゾン

第12章 プロモーションがうまいのはどっち? ~売上高広告宣伝費比率~
メルカリ vs Sansan

巻末資料 財務諸表の入手方法と特徴
・財務諸表の3つの入手方法
・決算短信、有価証券報告書、決算書説明会資料の違い

 

2020年1月16日発売です。よろしくお願いします!

『経営や会計のことはよくわかりませんが、 儲かっている会社を教えてください!』(ダイヤモンド社)

 

 

 

2020-01-15 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawaguchihiroyuki