ブログ

公認会計士・川口宏之のブログです。

研修・セミナー・講演の記録、会計にまつわるアレコレ、各種お知らせなどを綴ります。

ブログ一覧

財務会計基礎研修(建設業様)

2019年4月4日~5日の2日間にわたって、

某建設業様の新入社員の方向けに、

「財務会計基礎研修」というテーマで登壇しました。

 

100人を超える大人数をハンドルするのはなかなかハードでしたが、

意欲ある新入社員の方たちばかりで、

非常に楽しく研修を実施することができました。

 

新入社員といえど、

社会人として会社の数字や会計の仕組みなどは、

避けては通れないものです。

 

むしろ、会計スキルを使いこなせるようになると、

これからの社会人生活の中で、

有利に仕事を進めることができるでしょう。

 

事業全体を俯瞰することができ、

顧客視点で物事を考えることができ、

説得力ある説明やプレゼンができるようになります。

 

そんな、ビジネスの世界を生き抜くための”武器”を、

新入社員の皆さんに伝授しました。

 

ガンバレ!新社会人!

 

2019-04-05 | カテゴリー : 企業研修 | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

「IR担当者のための経営指標活用実践講座」

2019年3月22日(金)、プロネクサス様の主催で、
「IR担当者のための経営指標活用実践講座」というテーマで、
登壇させていただきました。

この講座は「IR担当者のための財務諸表分析入門」の上位版として、
位置づけられるセミナーです。

入門のセミナーを受講された方のアンケートで
「財務会計のことをさらに学びたい!」
という参加者からの声が多数あり、
それにお応えする形で実現したセミナーです。

今回のテーマである「経営指標」は、世の中にたくさんあります。

その中でも、EBITDA、ROA、ROE、ROIC、FCF、CCCなどについてお伝えしました。

これらの経営指標の基本理解はもちろん、
改善方法や留意点、そして活用事例なども、
解説させていただきました。

「業績管理会計の基礎」プロネクサス様主催

2019年2月14日、プロネクサス様主催でセミナーを行いました。

テーマは、「業績管理会計」です。

 

その中でもCVP分析に力を入れてレクチャーさせていただきました。

 

CVP分析を教えるセミナーは巷に多々ありますが、

単に計算式だけを教えるだけのセミナーが多いようです。

 

損益分岐点売上高が計算できます。

安全余裕率が計算できます。

 

もちろん、計算できるに越したことはないですが、

それだけでは片手落ちです。

 

計算結果を受けて、

それをどのように経営に活かすのか、

が分からなければ片手落ちです。

 

ですので、今回のセミナーでは、

以下のようなことを重点的にレクチャーしました。

 

自社の安全余裕率は高いのか低いのか、

ビジネスの特徴として売上のボラティリティが高いのか低いのか、

それを踏まえて、コスト構造にどう手を加えるべきなのか、

新規事業を始めるなら、

今の自社の特徴からどのようなコスト構造のビジネスモデルを選ぶべきか、

などなど、

そんなことまでしっかり理解することで、

実践で活かせるCVP分析の知識となります。

 

優良企業はほぼ例外なく、

しっかりとした管理会計の仕組みが整っています。

 

その管理会計の一部である、

業績管理会計のエッセンスをご理解いただけたと思います。

 

 

「IR担当者のための財務諸表分析入門」プロネクサス様主催

2019年1月28日、プロネクサス様主催でセミナーを行いました。

 

テーマは「IR担当者のための財務諸表分析入門」

10時から17時までの正味6時間のセミナーでした。

 

前半は、財務3表の基本的な読み解き方や

経営分析指標の使い方・考え方をお伝えし、

後半では、財務3表と株価との関係をお伝えしました。

 

一方的なレクチャーだけでなく、

計算演習をしていただいたり、

頭を使って考える問題を解いていただいたり、

受講者の皆様にも主体的に様々なことに取り組んでいただきました。

 

IR担当者向けだったこともあり、

受講者は全員若い女性でした。

 

受講者全員が女性というのはもしかしたら初体験かも?!

 

昨今の女性の社会進出が目覚ましいですが、

特に、IR分野は女性比率は高いみたいですね。

 

財務会計基礎研修(情報メディア企業様)

2019年1月23日、某上場企業様にて、

財務会計の基礎を身に付ける研修を行いました。

 

財務3表から、その企業の実態を数値を通して見抜くスキルを、

1日かけてじっくり学んでいただきました。

 

多くの方が、

全くの知識ゼロベースの状態からスタートしましたが、

最後は自分の会社の財務諸表を客観的に読み取り、

適確に財務分析してその結果を発表できるまでになりました。

 

研修に対して意欲的な方が多く、

質問や意見交換も活発に行われて、

非常に有意義な学びに繋がったと思います。

 

日本を代表するような優良企業様ですが、

そりゃそうだろうな、と妙に納得しました。

 

何故なら、社員の方々の成長意欲が高く、

かつ、それに応える研修制度を用意してくれているからです。

 

優秀な人材がさらに優秀になり、

会社の業績向上に貢献しない訳がありません。

 

成長する会社と沈んでいく会社の違いは、

こういうところにあるのだなと思います。

 

私自身も非常に多くの刺激をもらいました。

 

また来年度の開催が楽しみで仕方がないです。

2019-01-23 | カテゴリー : 企業研修 | 投稿者 : kawaguchihiroyuki