ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
公認会計士・川口宏之のブログです。

研修・セミナー・講演の記録、会計にまつわるアレコレ、各種お知らせなどを綴ります。

ブログ一覧

「キャッシュフロー経営の基本と実務」某総合商社管理職向け

2018年7月13日(金)、7月20日(金)、7月27日(金)の3回連続講座として、

東証一部上場の総合商社様の管理職の方向けに、

「キャッシュフロー経営の基本と実務」というテーマで研修をさせていただきました。

 

現業がお忙しいということもあり、

朝7時半~9時まで、つまり、始業前の1時間半を使って、

3回にわたって行う早朝講座です。

 

私はいつも、朝4時ぐらいには起きている「朝型人間」なので、

朝の時間帯は大好きです。

凛とした空気で、頭がシャキッとして、学びのモードになります。

 

さて、研修の内容はというと、

「いまさら聞けない」的なキャッシュフロー経営の基本的なこと(利益とキャッシュの違いなど)から始まり、

回転期間分析やキャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)などの分析方法、

さらには、具体的なキャッシュフローの改善方法まで、

まさに「基本」から「実務」までキャッシュフロー経営についてレクチャーさせていただきました。

 

また、単なる講義だけだと実感が湧きにくいので、

計算演習や頭を使った問題など、

いくつかのワークも織り交ぜました。

 

ビジネスの根幹はキャッシュにあり、キャッシュは嘘をつかない、

という言葉がある通り、キャッシュは非常に重要で、

そのキャッシュを重視したキャッシュフロー経営はますます重要になってくるでしょう。

 

==================================

本研修のカリキュラム、スライドサンプル、受講者の声はこちら(「(4)キャッシュフロー経営研修」)です。

「うちの会社でもこの研修をやって欲しい」という企業研修のご担当の方は、

こちらまでお問い合わせ下さい。

 

2018-07-27 | カテゴリー : 企業研修 | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

「会計とファイナンス」東証一部上場メーカーの役員様向け

2018年7月18日(水)、地方都市にある東証一部上場の某メーカー様にて、

役員及び幹部社員の方向けに、「会計とファイナンス」というテーマで研修させていただきました。

 

コーポレート・ガバナンス・コードにより、日本の上場企業では、

役員向けの研修を実施することが求められています。

 

また、新規事業やM&Aを行う際には、

会計やファイナンスの知識が不可欠です。

しかも、一部の役員だけ知っていればいいわけではなく、

役員が一枚岩となって、

難しい経営課題をクリアしていかなければなりません。

そのための目線合わせとして、

「会計とファイナンス」というテーマの役員研修は、

とても理に適った研修内容です。

 

今回は、取締役会が終わった後、

2時間という時間をちょうだいし、

前半は、財務3表の基本的な読み方と分析の仕方を、

レクチャーさせていただきました。

 

後半は、ファイナンスの基本的な考え方である「時間価値」と「割引率」について、

計算例を交えながらじっくりと説明し、

それを踏まえた、設備投資や事業投資における意思決定の具体的な手法や、

企業価値評価の3パターンについて、

レクチャーさせていただきました。

研修最後には、実際に使われた「株価算定報告書」2種類をご紹介し、

理論と実践の相互の紐づけも行いました。

 

「決算書の読み方セミナー」@八重洲(アビタス様主催)

2018年7月6日、アビタス様主催で、「決算書の読み方セミナー」を開催しました。

 

このセミナーは、たった4時間で決算書を読みこなすことができるセミナーで、

毎回満席に近い状態になる大盛況のセミナーです。

 

今回も40名以上のビジネスパーソンの方にお集まりいただき、

決算書を分析するワークや、有名企業のケーススタディの紹介など、

盛りだくさんの内容でお届けしました。

 

アンケート結果は以下の通り、ほぼ満点!

—————————————————-

・講義内容、資料について

平均4.875(5段階評価)

・講師の解説について

平均4.925(5段階評価)

—————————————————-

アンケートコメントの抜粋をいくつか掲載します。

 

「自分が受講して為になった」という声だけでなく、

「社内の他の人にもオススメしたい」という方も多数いらっしゃいました。

 

会計はビジネスの共通言語、社会人としての基礎知識の会計、

という認識が浸透している状態が見て取れて、

会計を扱う講師として、とても嬉しい限りです。

 

なお、来月は大阪で同じ内容セミナーを開催しますので、
よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

埼玉県経営者協会様主催「決算書を使う技術セミナー」

2018年7月2日、埼玉県経営者協会様主催で、「決算書を使う技術セミナー」を行いました。

 

場所は、JR大宮駅から徒歩数分の「ソニックシティビル」というきれいなビル。

 

日中はうだるような暑さで、現地に到着するまでの間に、大量の汗をかいてしまいました。

 

さて、今回のセミナー内容はというと、

前回の「決算書の読み方セミナー」の内容を土台にして、

ROA、ROE、回転期間など、

やや高度な経営指標も、

図解で分かりやすくお伝えさせていただきました。

 

前回に引き続き、たくさんの方にお集まりいただきました。

そして、参加された方全員に、

書籍『決算書を使う技術』(かんき出版)をプレゼントさせていただきました。

今回の復習用にご活用いただければと思います。

 

 

財務会計を学べば年収が上がる!

こんにちは。公認会計士の川口宏之です。

 

2018.7.2号の雑誌『PRESIDENT』に面白い記事が載っていたので

ご紹介します。

 

「年収が上がる勉強法」と題して、

どんな勉強が収入アップに直結するかを

1000人調査で明らかにした実証データです。

早速、気になる内容をチェックしてみましょう。

 

「実際に役立った資格・勉強」の回答結果を年収500万円台、1000万円以上と年収別の軸で集計したところ、

年収1000万円で「財務会計」が第3位にランクイン。

“ 実際に役立った勉強として年収1000万円は500万円より「財務会計」を挙げた割合が多かった。”

 

また、「どんな勉強が昇給につながったのか」の回答結果では、

「財務会計」が第2位にランクイン。

“ 7.5割以上が大幅に昇給し、100万円以上の昇給も45.8%と高かった。”

 

さらに、年代別の「学んでおけばよかった教養」については、

20代、30代、40代すべてで、「財務会計」が第2位にランクイン(ちなみに、第1位は英語などの語学)。

“ 語学、財務会計を学べばよかったという人が続出 ”

 

あなたも将来、後悔しないために、

「財務会計」を学びませんか?