ブログ

公認会計士・川口宏之のブログです。

研修・セミナー・講演の記録、会計にまつわるアレコレ、各種お知らせなどを綴ります。

ブログ一覧

電通、社員を個人事業主化のニュースについて

こんにちは。公認会計士の川口宏之です。


久々のブログ更新です。


本日は、電通のニュースについて、私なりの見解と未来予想図をお話ししたいと思います。


11月11日に、日経新聞でこんな記事が掲載され、話題になりました。


電通、社員230人を個人事業主に 新規事業創出ねらう
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66103760R11C20A1916M00/


さらに、11月26日号のデイリー新潮に、その後の反応についての記事が載りました。


電通の“社員の個人事業主化”に応募殺到 社員の反応は?
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11290556/


これに対し、

「体のいいリストラだ!」

「従業員を酷使するつもりだ!」

と憤慨している方が多数いるようです。

 


もちろん、正社員から業務委託契約に切り替われば、

労基法の範疇から外れるので、

労働時間や休日に関して制限はなくなります。

 


「強制的に社員を酷使し、使えなくなったら首を切る」

 


そんな状況を思い浮かべているのかもしれません。

 

もちろん、そのようなマイナスの側面もありますが、

プラスの側面も大いに存在します。


ここではあえて、プラスの側面について述べたいと思います。

 


実は私も、

前職のコンサルティング会社を退職するとき、

今回の電通のような形式をとりました。

正社員から業務委託契約への切り替えです。

 

正社員時代に担当していた案件の一部を、

業務委託として引き受けています。

この仕事は今も続いています。


同じ担当者の方がクライアントも前職の会社も安心するし、

私としても独立直後の不安定な時期に、安定収入が確保できるので、

いわば、三方良しです。

 


私と同じように、

会社を辞めた後も、

前職と業務委託契約を結んで仕事を継続している人は、

私の業界では意外に多いんです。

 


もちろん、業務委託契約なので、

突然、契約を切られる恐れがあります。

 


でも、それは逆もしかりです。

 

業務内容と報酬が見合ってなければ、

こちらから契約を切ることもできます。

嫌な仕事は基本的にお断りします。

 


お互いが高いプロ意識と緊張感をもって、

業務を遂行することが求められます。

だから、仕事のクオリティとスピードは高い状態を常にキープしなければなりません。


極論を言えば、

これが従業員だったら、多少、手を抜いても許されてしまいます。

日本の従業員は労働基準法でガチガチに守られているので、

そう簡単に減給や解雇ができないからです。


昇給とか昇進はできないかもしれませんが、

就業規則さえ守っていれば、一定のお給料は必ずもらえます。

 


全部が全部とは言いませんが、

多くの会社が今回の電通のような施策を行ったら、

日本企業の生産性は劇的に上がるんじゃないかと思っています。

 


アメリカでは従業員を簡単にレイオフすることができます。

だから従業員は会社から首を切られないように、

常に高いパフォーマンスを発揮します。

そのための自己研鑽も怠りません。

 


でも、日本企業の場合、簡単に首を切れません。

優秀じゃない従業員も雇用し続けなければなりません。

固定費を下げることが困難な環境下で、

外資系企業と戦わなければならないのです。

 

これが大きな足かせになっている会社は非常に多いです。

そもそも会社と労働者の関係って、上下の関係である必要はないですよね。

労働者は会社に労働力を提供し、会社はその対価をして金銭を支払う。


お金とサービスの等価交換です。


なぜか、

「お金を払う方が偉い」という風潮がありますよね。

 

もともとは物々交換だったものが、

金銭を媒介するようになっただけで、

どちらが偉いとかの話ではありません。


しかし、労働者は法律で守られている分、
会社の言いなりにならなければならない、

という、変な関係になっている気がしています。


その点、会社と個人事業主との業務委託契約であれば、

個人事業主は別に労働基準法で守られてないので、

会社の言いなりになる必要はありません。

 

業務と報酬の、あるべき等価交換が生まれると思います。

 


契約内容に従って業務を履行するという関係で、

報酬があまりにも低ければ、個人事業主は契約を断り、

業務量が膨大になれば追加の報酬を請求する。

 


多くの方が想像するように、

電通が元従業員である個人事業主に対し、

あまりにも無茶な要求を押し付け続けていたら、

優秀な個人事業主は電通から離れていきます。

そうなってしまっては電通も仕事が回らなくなるため、

個人事業主が納得してくれる報酬で業務を依頼するでしょう。

 


個人事業主になれば、

電通以外の仕事も自由にでき、

仕事ができる人からすれば、

会社員の枠に縛られずに様々な仕事ができます。

会社命令で嫌な仕事を押し付けられそうになっても、

個人事業主であれば断ってしまえばいいのです。


もちろん、

電通からしか仕事を受けてない個人事業主だったら、

食い扶持がなくなってしまうので、

あらかじめ電通依存度を下げておかなければなりません。


今回の電通の件は、

希望者のみ業務委託契約に切り替えるということなので、

おそらく、自分で仕事を取れる優秀な社員は個人事業主になることでしょう。


実際、対象者2,800人のうち、230人が応募したようです。


全体の10%弱。


応募したのは、おそらく、

トップ10%に入る優秀な社員の方たちだと思われます。


今回の電通の施策が他の会社にも広まれば、

優秀なビジネスパーソンはどんどん独立し、

優秀じゃないビジネスパーソンは会社にしがみつく。


会社としては、優秀な個人事業主に仕事を依頼したいので、
高い報酬と面白い仕事を優先的に割り当て、

大して面白くもない単調な仕事を正社員に割り当てる。


近い将来、そんな世の中になっているかもしれません。


そのとき、あなたは、どっち側にいますか?

 

 

川口宏之オンラインサロンはじめました

 

みなさん、こんにちは。

公認会計士の川口宏之です。

 

このたび、オンラインサロンを開設することにしました!

 

その名も「川口宏之オンラインサロン」(そのまんまですね)

 

実を言うと、8月ぐらいから試験的にスタートさせてしまっているのですが。。。

満を持してこのブログでもご案内します。

 

会員特典は、以下の通り。

会計リテラシー向上に役立つコンテンツが盛りだくさんです。

  • ①企業分析のアウトプット&フィードバック
  • ②企業分析レポート読み放題
  • ③LIVE配信無料視聴
  • ④動画コンテンツ95%OFFクーポン
  • ⑤未公開動画見放題・未公開音源聞き放題
  • ⑥ビジネス書企画参加
  • ⑦その他(会員同士の交流など)



いまなら早割キャンペーンで月会費が破格の安さになっておりますので、どうぞお早めにご入会下さい。

 

「川口宏之オンラインサロン」

https://kawaguchihiroyuki.teachable.com/p/salon




2020-10-31 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

動画セミナーのラインナップが増えました

こんにちは。公認会計士の川口宏之です。

 

約1ヵ月前からスタートしたUdemyでの動画セミナーですが、

おかげさまで、延べ500人もの方々に受講いただきました。

 

新型コロナの影響で集合研修・セミナーができない今、

皆さんの「学びの機会」を保障するため、

これからも動画セミナーに力を入れていきたいと思っています。

 

これまで、以下2本の動画をリリースしています。

 

【初心者向け】いちばんわかりやすい決算書の読み方講座

(3月23日リリース 受講者数:403人 評価:4.52 ベストセラー)

 

【図解でスッキリ!】いちばんわかりやすい財務分析指標マスター講座

(4月11日リリース 受講者数:92人 評価:4.65  ベストセラー)

 

※「ベストセラー」バッジは、類似するコースの中で最も購入されているコースであることを示します(Udemy公式サイトより引用)

 

 

そして昨日、3本目のコースをリリースしました!

 

いちばんわかりやすいキャッシュフロー経営マスター講座

(公開からわずか1日で、すでに13人の方が受講しています!)

 

 

GWに入りましたが、

新型コロナの影響で、旅行や帰省もできないですよね。

どこにも行けないなら、このGWを「新しい学び」に充てたいという方も多いかと思います。

 

ぜひ、このGWの時期をスキルアップの時間に充て、

コロナ禍でもコロナ後でも、必要とされるビジネスパーソンになりましょう!

 

 

 

2020-05-02 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

動画セミナーを公開しました!

世界的に猛威を振るっているコロナ騒動によって、
多くの集合セミナーが開催しにくくなり、
今度ますます、加速度的にオンラインでの学習ニーズが高まるでしょう。

 

これまでは、
「セミナーに参加したくても参加できない」
という方は、
遠方に住んでる方や忙しい方が中心でした。

 

しかし、今の新型コロナ騒動を考えれば、
あらゆる人の学習機会が失われてるのが現実だと思います。

 

ということで、
私も遅ればせながら、
動画セミナーをオンライン学習プラットフォーム『Udemy』に公開しました。

 

『いちばんわかりやすい決算書の読み方講座』(3時間45分)

 

オンラインなので、こんな特徴があります。

★PC、スマホ、タブレット、どれでもOK
★アプリでダウンロードすればオフライン視聴も可能
★各レクチャー5分前後なので、スキマ時間で視聴できます
★繰り返し何度でも受講できます(無期限)
★テキスト・補助資料がダウンロードできます
★Q&Aコーナーで講師に質問できます
★30日間返金保証付き

 

今、割引セール期間中っぽいので、
ビジネス書を1冊買うのと同じぐらいの値段で受講できると思います。
(割引のタイミングは『Udemy』側が決めるのでよくわかりませんが)

 

テレワーク導入企業が増えており、
かつ、不要不急の外出を控えなければいけないので、
在宅時間が長くなっている方が多いと思います。

 

そんな時に、
無為にボーっとテレビやスマホを見て時間を潰す人と、
「絶好の学びの機会」と捉えて行動に移す人とでは、
新型コロナ騒動後に、雲泥の差が広がるでしょう。

 

ぜひ、ピンチをチャンスに変えて、行動を起こしていただきたい!

 

そんな思いでこの動画を作成しました。

 

どうぞこの動画で、時間を有効にご活用ください。

 

 

2020-03-24 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawaguchihiroyuki

新刊発売!

 

私の新刊が本日発売となりました!
タイトルは『基本がわかる実践できる 決算書の読み方・活かし方』です。

「決算書が読めたところで、それをどう仕事に活かすだろう?」
「自分の仕事の場合、どうやって活用すればいいの?」

 

そんな声にお応えし、以下の部門に所属する方にとっての、決算書活用法を解説しました。

①営業部門
②購買部門
③経営企画部門
④人事部門
⑤製造部門
⑥研究開発部門
⑦IR(広報、総務)部門

 

また、具体的な決算書活用シーンがイメージできるように、以下の5人のケースを、ショートストーリー形式にしております。

①食品素材メーカー営業担当の中村さん
②ホームセンター勤務の柳井さん
③システム開発会社で働く浅野さん
④精密機械メーカー経営企画部の黒田さん
⑤医薬品卸の人事部で働く堀田さん

 

もちろん、会計知識ゼロの方でも理解できるように、前半部分で決算書の読み方を丁寧に解説しています。

単なる「知識コレクター」に留まるのではなく、そこから一歩前進することで「その他大勢」から脱する、そんな一冊になると思います。

コロナ騒動という最悪のタイミングで発売となってしまいましたが、どうか皆様よろしくお願いします。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4820727796

 

 

 

2020-03-17 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawaguchihiroyuki